老化を防いで若々しい容姿を保つための美容法

アンチエイジングは日々の積み重ね

ここ数年、よく耳にするようになったアンチエイジング。加齢による老化を防ぎ、肌、髪、姿勢などを若々しい状態に保つ美容法のことを指します。簡単に言ってしまうと「若返りのための美容法」です。

魅力的な女性は皆、外面・内面ともに実年齢よりも若々しくエネルギッシュに見えるもの。それは彼女たちが上手にアンチエイジングを取り入れている証拠です。いつまでも若くみずみずしい容姿でいるためには、肌のしわ・たるみ、髪のダメージ、姿勢の悪さなど、老けの要因を取り除いていくことがポイントです。

そのための美容法は実に簡単。体が求めているものを毎日の食事やスキンケアなどに取り入れ、適度な運動をして心身ともにリフレッシュすることにあります。がむしゃらに実践するというよりも、ちょっとしたことを毎日少しづつ行うといった感じです。決して無理をする必要はないので、気負いすることはありません。リラックスして気軽に挑戦してみましょう。今、きれいな女性の多くが注目しています。注目度ナンバーワンの美容法だからこそ、都合のいいことにアンチエイジングを意識したスキンケア用品やグッズがたくさん出回っています。

若さや美しさを手に入れるだけではなく、精神的にもストレスフリーな環境を手に入れることに繋がります。今、最も注目されている美容法だというのも納得です。

食事で大切な栄養素を補いましょう!

アンチエイジングに効く栄養素としては「抗酸化ビタミン」が効果的です。老化の最たる要因である活性酸素の働きを抑制し、酸化により発生した体内ダメージを消去してくれるのです。抗酸化ビタミンを具体的に示すと、ビタミンA・C・Eが挙げられます。他にも、ビタミンB2、ナイアシンには老化防止に役立つ作用があるので、積極的に摂取していきたい栄養素です。各ビタミンそれぞれの性質を順番に紹介していきます。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ作用があります。βカロテンとも呼ばれ、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜や牛乳、うなぎ、レバーなどに多く含まれるものです。

ビタミンCは美白に効果があり、オレンジや苺などのフルーツや小松菜、じゃがいも、大根などに多く含まれているのですが、水溶性のため、一度に多量を摂取しても体内に蓄積しておくことはできません。こまめに分けて摂取した方が効率的です。

ビタミンEには血液循環を円滑にする作用があり、代謝を活性化させてくれる働きがあります。つまり、古い細胞が除去され、新しいきれいな肌が生まれるのを助けてくれるのです。主にナッツ類や玄米、牛レバー、たまごなどに多く含まれています。

また、ミネラルは若さを保つのに必要な抗酸化酵素の働きを助けます。牡蠣やあさり、大豆、落花生などに多く含まれるので、意識して摂取してみましょう。